Kanadead or alive

写真撮ったり、お料理したり、映画見たり、音楽聞いたりしてるかなでっどの記録。

文化って簡単に言うなよ。

http://grapee.jp/37008: ホテルオークラ取り壊しに世界が動いた!海外デザイナーから上がる「待った!」の声

景色は変わっていくものだ。

そりゃ、アメリカとかのように莫大に土地が残ってたら保存したりは出来るかもしれないけどホテルオークラが何処に建ってると思ってんだ。

残せ残せと言ってくてるのは嬉しいし、首都高から見えるホテルオークラはとっても素晴らしい。
でもそんなのいちいち残してたら東京は廃墟の街になる。

こんな事言ってると誤解されそうなので言っておくと、私は建築物が大好きで、最近は寺院ばっかり撮ってるけど元々は東京のビルの写真撮ってるだけで1日過ごせるような人間だ。
故に東京のど真ん中にどれだけビルが建ってて、それが時代によってはしょっちゅう起こる地震に耐えられなかったり、メンテナンスに莫大な費用がかかったりをよく知ってる。東京の坪単価がどれだけ高いかも知ってる。
そしてホテルオークラが取り壊されるのは心から残念だと思っている。
が、いくら美しく歴史的価値があるとはいえ、たかだかホテル一棟残しても商売になんかならない。
じゃぁ国に管理してもらおうって、そっちの方が文句言う人沢山出てくるよ。

古いものは好きだ。
でも古いものにしか価値がないという文化は好きではない。
もう懐古主義はお金にならない。
残すのは先人たちに対して敬意を表する気持だけでいいと思う。

デザイナーやクリエイティブな仕事をしているのであれば、新しい景色、日々変わってゆく景色を何故素晴らしいと思えないのだろう。
残念だと思う気持ちを自分なりに表せばいい。
日本の土地や気候や歴史の事情がなければそりゃぁ残してくれるって。
無理なものは無理。

ビルマニアな私は知ってる。
次に建つホテルオークラに対して8割の人が『センス無い建物だな』と呟くのも。

でも、それが何十年も経ったら『レトロで素敵な建物ね』に変わるのも知ってる。
景色は変わるものだ。